こんにちは♡junです!
私はこれまでの人生、痩せると聞けば何でも試し、失敗してリバウンドを幾度となく繰り返してきた人生を送ってきました。
そんな私が、人生最重量になってしまった67.8キロから、健康美を競う大会、ベストボディジャパン横浜大会でグランプリを取得できたストーリーを今回はご紹介させてもらいます♡

 

ダイエット地獄のはじまり

 

img_7970

 

中学生の頃、今思えば普通体型だったのですが、友達よりも細くなりたい!という願望から、食べないダイエットを行いました。
1ヶ月間、大好きな給食も食べずに、ひたすらヨーグルトや豆腐など低カロリーそうな物だけを食べて、1日総摂取カロリーは500kcal未満でした。
確かに3キロは落ちて、その時はハッピーでしたが、ある日突然食欲が襲ってきて、給食のパンをお代わりしまくり、放課後も買い食いが止まらなくなり…あっという間に+5Kg。
これが全ての始まりでした。

 

あんなに頑張ったのに、皆んなに痩せたね!ってチヤホヤされて嬉しかったのに、あっという間に太って、情けない。
早急に痩せたい!と思ってまた無理なダイエットを繰り返す。
そんな人生でした。

 

過度なダイエットから過食症へ

ある時は、今でいうライザップのようなジムに通い、厳しい糖質制限と運動のおかげで2ヶ月で7kg痩せましたが、卒業した途端、あれっ何でこんなに頑張ってたんだろう?とふと思った途端、物凄い食欲が襲ってきました。
夜中にも関わらず、太ると分かっているのに、コンビニに駆け込み、我慢していた菓子パン、スイーツ、アイス、普段は食べる事の無かったカップ麺、丼、など大量に買い込み、無心で食べまくり、過食症に陥ってしまいました。
そんな事を繰り返し、食べ過ぎて気持ち悪いけど吐く事も無かったので、あっとゆう間に1ヶ月で+10キロ…

 

img_7971

 

ダイエット前より太ってしまい、費やしたお金と時間の勿体無さ、太った自分の醜さ、弱さ…etc
心の底から自分の事が大嫌いになりました。

 

あの子、物の見事にリバウンドしたね〜、など周りから笑われるんじゃないか、怖くて恥ずかしくて、家で引きこもるようになり、外出するとしてもマスクをしてスーパーやコンビニをハシゴして、大量の食べ物を買い込み、また引きこもって食べまくる…
段々世の中から疎外されてく感覚に苛まれ、負のスパイラルに陥っていました。

 

再スタートへのきっかけ

img_7972

そんな時、転機がやってきました。
体重68キロという人生最重量になってしまった2015年の夏、友人に誘われ海に行く事になってしまいました。友人や海にいる周りの女子達は、みんな可愛いビキニを着ているのに、私は体型を隠せるだぼだぼTシャツに短パン。
惨めだったし、何よりも、人生損してる、このまま人生を諦めたくない!と強く思うきっかけになりました。

 

翌日、すぐに近所のジムに入会しに行きました。
今度こそは!という思いで。
以前通ったジムで得た知識で、最初は週2回程度の筋トレ、食事はある程度糖質も摂りつつ食事制限を行っていました。

 

 

過食症を乗り越えて〜ベストボディジャパン横浜グランプリへの道②〜  へ続く…

 

The following two tabs change content below.
jun
@jjfitness44ことjunです。 中学時代にダイエットに目覚め、痩せると聞けば何でも試してきたが、間違った食事制限などで幾度となくリバウンドを経験。その後正しいトレーニング法や食事法を勉強し、9ヶ月で体重マイナス18キロ、体脂肪率マイナス18%を達成し、ベストボディジャパン横浜でグランプリを獲得。日々ボディメイクに励んでいる。