気付けば化粧が落ちている…

最近流行しているインフルエンザ。高温できつい日が続き、また治ったとしても2,3日自宅で休養しなければなりません。インフルエンザもそうですし、もちろん他の病気にもなりたくないですよね、、、

そんな方は、電車での通勤中や通学中、また買い物をする際にもマスクを着用する方が多いのでは…?

急に前から知り合いが近づいてきて、マスクを外す、なんてことは誰でも経験したことがあるのではないでしょうか?

その時は気づかなかったとしても、家に帰って鏡を見れば、朝はばっちり決めてきたはずのメイクがくずれ、顔がボロボロになってしまったなんてことはありませんか?

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

そこで今日は、マスクをしてもメイクが崩れない方法をご紹介いたします。

 

Point① 下地を顔の部分で使い分ける。

 

呼吸やマスクの摩擦で化粧が取れやすい鼻や口の周りは皮脂・汗を抑えてくれる化粧下地を使うことをオススメします!
img_8898

Point② チークは、クリームチークと、パウダーチークの二刀流!

濃いチークをしていると、色のムラができてしまします。最初にクリームチークをつけ、その上からパウダーチークを重ね付けすることでチークが落ちにくくなります!

point③ グロスは絶対に使わない!

マスクをしているとグロスはとっても落ちやすいのです。呼吸していることでマスクの中が熱気でこもってしまい、ベトベトになります。リップペンシルなどを利用するといいかもしれません!

fullsizerender-13

その他の押さえるpoint

マスクをしているときに見られるのは目!だからこそアイメイクはしっかりした方が好印象です。

まつ毛は関係ないと思われがちですが、まつ毛も蒸気で取れやすくなるんです。

ウオータープルーフのアイライナーとマスカラを使えばパンダ目も防げます!

fullsizerender-9

 

立体型マスクを利用するのもおススメです!

 

 

いかがでしたか?

今の時代マスクでオシャレをする人もいるみたいですから、マスクの下に隠れるメイクも重要になってきますよね。

マスクをしている際、やっぱり大切になってくるのは、目元ですから、アイメイクはばっちり仕上げましょう!