こんにちは!

インスタグラマーのMonaです♪

 

img_0332

 

ジムに入会したてのころ、ジムで変なことして白い目で見られたくない・・・なんて心配していたのは私だけでしょうか。笑

 

礼儀に対する意識が世界一の日本ですが、ジムの使い方が分かっていない せいで、「あの人、礼儀がなっていない」なんて思われるのは避けたいですよね!

 

 

今日の記事ではジムあるある=「こんな会員嫌だ」に学ぶジムでのエチケットを紹介します。

 

  1. 拭かない人
  2. トレーニング中の人に近づく人
  3. ダンベル・バーベルを放置する人
  4. 器具を占領しながら携帯・おしゃべりする人
  5. 必要のない場所を使う人

 

(1)拭かない人

汗をかくのは、一所懸命筋トレしていること!すばらしいことです!

ただ、汗だくで使用後のマシン・ベンチが汗で濡れているのにタオルで拭かなういのはマナー違反です。最低限、自分の体が接する部分(手で掴むバー、シート、背もたれetc.)は拭きましょう! 

誰だって他人の汗がついているところはちょっとね。

 

Woman cleaning stationary bike in fitness center

出展:http://www.huffingtonpost.com/2013/12/13/clean-gym-equipment-wipe-machines_n_4425937.html

 

(2)トレーニング中の人に近づく人

これは大変危険です。必死で筋トレしている人の迷惑にもなるし、やめましょう。その人に近づくのは、インターバル(セットとセットの間)などにしましょう。

 

(3)ダンベル・バーベルをそのままにする人

日本ではあまりみませんが、欧米では半数が、なぜか、なぜかバーベルにつけたプレートをそのままにして立ち去る。ダンベルをラックに戻さないで、カオス状態。片づけましょう。

プレートつけたままのバーベルが放置されたスクワットラック、もう使い終わったの?終わってないの?どっちなの?っと待っている人が困ってしまいます。

dkpetob

出展 https://enragedhippofitness.com/2014/10/17/not-over-till-you-re-rack/

(4)器具を占領しながら携帯・おしゃべりする人

友人と一緒にトレーニングをしたり、ジムで知り合った方とお話しするのは楽しいですし、ジムへ行くモチベーションにもなっていいと思います。

ただ、ベンチに座ったまま、もしくは器具を占領したままオシャベリをしていたり、携帯をいじっていたりする間に、その器具・ベンチを使用したい、待っている人がいることを忘れないようにしましょう

ジムにもよりますが、基本的に20分以内で1つの器具使用時間を終わらせましょう!

woman_talking_on_her_cell_phone_at_a_gym_gogoaba03967_600x3631

出展:http://1fierywench.blogspot.jp/2012/09/annoying-gym-habits.html

 

(5)必要のない場所を使う人

これはジム初心者で、器具をどんなエクササイズに使うのかわからないため起きやすいですが、

よくみるのはこのパワーラックの誤使用です。

main-qimg-af51cb625e25739a1625cfba4b22bbcd

出展:https://www.quora.com/Does-it-matter-how-you-face-the-squat-rack

これは、スクワットやデッドリフトなどバーベル(長い鉄のバー)での高重量を扱うための器具、パワーラックです。

ダンベルの種目やアームカールなんかは別の場所でも問題なくできるので、

パワーラックは高重量を使うときだけ使用しましょう♪

 

例えば100kgスクワット、しゃがみこんで、立ち上がれない!!!!というときのために重りにつぶされないように補助バーがついてます。=なので、高重量スクワットはパワーラックでしかできません

ダンベルの種目や軽い種目をするのなら、パワーラックは高重量使用者に譲りましょう(^O^)/

 

 

 

筋トレしている人は、脳みそまで筋肉になって、気が利かないとか言われてしまうので、

みなさんお互いを思いやってジムを使用しましょう(^O^)/

 

 

番外編ですが。。。

あとは、こんなアメリカのYoutube Videoも面白いので、ご興味のある方はどうぞ。

 

出展元: https://www.youtube.com/watch?v=_-91_iXATY8

 

The following two tabs change content below.
Mona
インフルエンサー@mona_tokyoのMonaです。 アメリカで2013年にパーソナルトレーナー・栄養士の資格を取得しています。 日本のフィットネス業界は国外に比べて情報量が少ないのが現状です。国内外でのトレーナー経験や知識を活かして、世界の最先端のダイエット・トレーニング・フィットネス情報をお届けしていきます!