20180104_104601739

テント張ってて気づくと野良犬がテントを包囲してて、そのうち野良犬に襲われるかも?って、感じつつあるBarista sho です。(笑)

まだまだ日本では知られていない台湾珈琲ですが

結構、品質もよく美味しい珈琲を作っています。

今回はほんの一部ですが、お伝えします。

台湾って珈琲農園多いんですよ

20180102_121443842

台湾珈琲と言ってもご存じない方のほうが多いと思うのですが、

結構珈琲農園あるんですよ

意外と知られていないのが現状ですが...

台湾の空港とかでも台湾珈琲は購入出来たり、カフェでも台湾珈琲を出しているところもあります。

観光地ってなってる場所がほぼありません。

実際、バスや電車とかありません。

車で行くか、タクシーで行くか、バイクか

自分のように自転車か...

一応行けば珈琲も飲めますし食事も出来たりします。珈琲教室とかやってるとこもあります。

ほとんどの農園がカフェもやってて

自分の農園で取れた珈琲を出しています。

img_20180109_090511_742

今回は台中市から行きやすい所と

結構、自転車ではちょっと無謀に近い所にいって来ました。

東山珈琲公路

20180104_112422091

東山珈琲公路。国道175号線は台湾では通称珈琲公路、珈琲街道とよばれています。

約20kmの道ですがそこに約30の珈琲農園があり、それぞれがカフェやレストランもやっています。

img_20180104_201725_559

東山珈琲公路の入口のちょっと手前にある看板です。

こちらでは珈琲の珈の字が口辺になるのですが

東山珈琲公路と書かれた回りに小さい看板が沢山あるのですが

これ全部、この通り沿いにある珈琲農園の名前なんです。

こう見ると結構ありますよね。

優香珈琲

img_20180104_202150_019

東山珈琲公路、最初の珈琲農園です。

周りは勿論珈琲の木が沢山あり実もなっています。

景色がすごく良い場所にありテラス席もあるのですが

天気が良い時は暑いから中にいた方が良いと店内をすすめられます。

img_20180104_202333_486

こちらはテラス席

収穫し実を除去した豆を天日干ししています。

20180104_122712750

東山珈琲と書かれたカップに珈琲を注いでくれます。

東山珈琲公路に限らずなのですが、比較的、珈琲農園に行き珈琲を頼むとサイフォンで淹れて提供されます。

そしてほぼ2杯分の珈琲がきます。

なかにはきっちり1杯のとこもありますが...

優香と名乗っているだけあり

優しい味わい。苦味酸味ともに柔らかく香りも良く美味しい珈琲です。

一緒にクッキーがでてくるのですが

素朴な味のクッキーですが、それを口にいれながら珈琲を飲む。

ほっとするひとときです。

珈琲を飲みながら店内にいると、外からの風が心地よく

窓から見える外の景色、そして店内をじっくり見てしまいます。

そして、お店の看板猫でしょうか

img_20180104_202231_274

自分が訪れた時は、まったりとしていたのですが

珈琲を飲み始めると足下によってきて誰?って感じに見て、そのままテーブルの下へ。

img_20180104_202423_641

そして時々こちらをチラ見してはまた外を見てました。

そして何故なのか不思議でしたが

20180104_124343732

何故か、でっかいウナギいます(笑)

何故なのかは聞いていないのでわかりません。

老家珈琲

img_20180104_203646_843

優香珈琲から数件行ったちょうど下り坂にあります。

勢い良く通ると見逃しがちな所です。

実は優香珈琲を出たあとちょっとして小雨が降りだし

気になって行ってみたい珈琲農園があり急いでいたのですが

運悪く休みで(|| ゜Д゜)がーん

店頭の写真とそこから見る景色を眺め、先に行く途中で

ちょうど店の椅子に座っていたお爺さんと目が合い

珈琲が飲めるというので寄ったとこです。

img_20180104_203552_169

息子さんが丁寧にサイフォンで珈琲を淹れてくれます。

良く日本にも旅行に来るそうで日本車が好きなんだとおっしゃってました。

img_20180104_203748_405

あいにくの天気でしたが晴れていれば素晴らしい景色と感じる場所で

ちょっと雨宿りの気分だったのですが

自転車でここまで来たのか?と感心され

ここの珈琲の話しや日本の好きな物の話しなど沢山お話しさせていただきました。

ここは食事もできるのですが

img_20180104_204058_698

img_20180104_204123_136

すごく古い台湾の建物で昔のままの状態だそうです。

20180104_143833788

自分が行ったとき、ちょうど一組のお客さんが帰られ、自分一人になったので写真撮りまくりました。(笑)

周りは勿論、珈琲の木がいっぱいです。

実も沢山なっていました。

20180104_143546891

そして、スマホで台湾語から日本語に訳しながら、自分は日本語から台湾語に訳しながら不器用に会話をし

雨が降ってるので強くなる前に出たかったのですが

雨が降ってるからまだ居れと押さえられ(笑)

img_20180104_205412_840

ちょっと食事をさせていただきました。

普通の食事ですが、なかなか美味しかったです。

行く店はすべて休み(|| ゜Д゜)

そして雨が強くなりつつある状況で店を出たのですが

行く店行く店すべて休み...

この雨では仕方ないと店頭の写真と周りの珈琲畑の珈琲の木を見ながら

20180104_170647378

どしゃ降りの中、約20kmの道を走り抜けました。

実際、この通りでは4件の農園によらせていただき珈琲の木はもちろん珈琲も飲ませていただきましたが

まだ行きたい農園もあるので

再び、リベンジでこの東山珈琲公路へ来たいと思います。

実際、この道からちょっと脇道に入ると

さらに標高が上がり珈琲の品質も変わってくるので、それを飲みに来たいと思います。

比較的、台湾の珈琲は苦味酸味は少なく飲みやすい珈琲が多いです。

しかし、標高が高い場所は、浅煎りに仕上げると華やかな香りとほんのり甘さもあって美味しいです。

でもそれは結構標高が高い場所にある農園の珈琲で、なかには雲海が見れる農園もあるんです。

次来るときは、その雲海が見れる農園に行ってみたいと思います。

東山珈琲公路のキャラクター?

20180104_140849298

東山珈琲公路のキャラクターでしょうか。

農園の方から、またここに戻って来て下さいといただきました。

ここに来ないと手にすることが出来ないものかもしてません。

これを持ってまたここに来ようと思います。

The following two tabs change content below.
Barista.sho
カフェをやっていましたが日本人と海外の人達のカフェや珈琲、食べ物等に対してのギャップというか価値観感の違いの大きさに興味をもち、只今カフェ、珈琲農園を中心にローカルフードやスタイルを見ながら旅をしてます。只今香港をウロウロしてます。