赤村に行くなら、「源じいの森」は外せない!

赤村に行くなら、絶対に行くべきスポット!

というか、行かざるをえないといっても過言ではないスポットが

源じいの森 です。

源じいの森は、温泉にロッジにバンガロー。

そして、キャンプ場まで併設された魅力的な施設なんです。

今回のメンバーも、もちろん源じいの森に宿泊しましたよ♡

まずは腹ごしらえを!

源じいの森について、まず最初に行ったのがランチ!

腹が減っては戦はできぬ、ということで温泉に併設されている

「レストラン星垂」で昼食を♪

人も温かいし、なにも食べてもおいしいんです♡

宿泊先はキュートなロッジ♡

今回泊まったのは、見た目もキュートなロッジ。

10人まで泊まれる大部屋から5人まで泊まれるサイズまであり、

人数に合わせて宿選びができるのも◎。

家族連れにも人気のスポットで、夏の間は予約でいっぱいだとか。

キャンプ感覚で泊まれるのに、きちんとお布団で寝られるし

女子旅にもおすすめな場所ですよ♡

極めつけはバーベキュー!

源じいの森にきたら絶対にやるべきなのが、バーベキュー!

今回は赤村で作られた食材だけを使った、

オール赤村産バーベキューを体験しました♡

どの食材もめちゃくちゃおいしい……。

ピーマンやトマトは焼くのがもったいなくて、

生のままでむしゃむしゃ食べてしまう人が続出したほど(笑)。

また、大人気だったのが赤村産のお米を使ったおにぎり!

焼きおにぎり用ににぎってもらったのに、

味付けするのがもったいない!って言って

塩むすびのまま食べる人もたくさんいました(笑)。

 

とにかく食材がとびっきりおいしい、赤村。

源じいの森に訪れた際には、絶対にバーベキューをすることをお忘れなく。

 

第2弾はここまで。

第3弾では、インフルエンサーも大興奮のあのアトラクションを紹介します!

 

The following two tabs change content below.
戸塚 真琴

戸塚 真琴

大学在学中から某美容雑誌にて、編集アシスタントを経験。卒業後、同編集部にて編集・ライターの経験を積み、2012年11月より独立。現在では、美容とライフスタイル記事を中心に雑誌やWEBで執筆をしている。 主な雑誌は、講談社『FRaU』『ViVi』『VOCE』『with』を始め、主婦の友社『Ray』、マガジンハウス刊行の広報誌『東京駅中』など。また、2017年1月に2冊同時発売された、人気YouTuber関根理紗さんと木下ゆうかさんのオフィシャルブック『SEKINE RISA FIRST BOOK RISA』、『木下ゆうか PHOTO BOOK yuuka』(ともに講談社刊)の編集とライティングを担当。